次回から「メンズログ」とご検索ください

ヒゲがマスクに擦れて痒い!

「ヒゲがマスクに擦れて顔が痒い…」
「マスクが蒸れて気持ち悪い…」
「コロナ禍で肌トラブルが増えた…」

こんなふうに、マスクによる肌トラブルに悩んでいる男性は多いのではないでしょうか?

コロナ禍でマスクが当たり前になってから、肌荒れを訴える人が急増しているようです。

特に男性特有の悩みがヒゲによる肌トラブル。私も元々はヒゲが濃くて、コロナになってすぐは痒みやニキビなど肌トラブルに悩まされましたが、とある方法で解決できました。

本記事では、ヒゲの生えている男性がマスク着用で肌荒れしやすい原因やそれを放置した際のリスク、実際に私が肌トラブルを克服した対処法についてわかりやすくご紹介します。

ヒゲやマスクによる肌トラブルに悩んでいる方は、ぜひ最後までご覧くださいね。

マスク肌荒れの原因は「蒸れ」による「角質層のふやけ」

人間の皮膚の表面には0.02mmほどの角質層があり、外部の刺激から肌を守っています。

ところがマスクで蒸れると、この角質層がふやけ、バリア機能が低下してしまいます。

そうすると、マスクの着脱で起きる摩擦が過剰な刺激となり、痒みやニキビ、肌が赤くなるなどのトラブルが発生しやすくなります。

また、何度も使ったマスクの繊維による刺激や、サイズの合わないマスクにより締め付け、耳掛けゴムの摩擦なども肌荒れの原因です。

さらに、蒸れて不安定になった角質が毛穴に詰まって菌が増殖しやすくなると炎症を起こし、ニキビなどの肌トラブルが悪化します。

特にヒゲが生えている男性はマスクの引っ掛かりによる刺激が発生しやすく、角質が毛穴に詰まりやすいため、よりマスク着用による肌トラブルのリスクが大きいというわけです。

マスク肌荒れを放置することにはデメリットがいっぱい

当たり前の話ですが、マスク肌荒れを放置してしまうと、痒みやニキビ、肌の赤みなどの症状はどんどん悪化する可能性が高いです。

そうすると鏡を見るたびに自分の見た目にコンプレックスを感じてしまったり、異性からの視線が気になって仕方なくなるでしょう。

病院に通ったり薬を買うことで肌トラブルは一時的に抑えられるかもしれませんが、マスク着用は続くし、お金や時間がかかります。

今はマスクをしていれば肌荒れはさほど目立たないかもしれませんが、肌荒れがひどいせいでマスクが手放せないなんて嫌ですよね。

マスク肌荒れに大切なのは、治療ではなく予防です

では、実際にマスクによる肌トラブルから身を守るためにはどうすればいいのでしょうか。

そこで重要になるのが「治療」ではなく「予防」の考え方です。つまり、肌トラブルが起きてから治すのではなく、肌トラブルが起こる根本の原因を取り除くべきという話です。

マスクによる肌トラブルが起こる原因は、主に「蒸れ」と「角質の詰まり」。これらを取り除くことこそ乗り越えるべき課題になります。

マスク着用による「蒸れ」を取り除く2つの方法

まず、マスク肌荒れの原因1つ目の「蒸れ」を防ぐ方法を2つご紹介します。

1:そもそもマスクをしない

マスク肌荒れの原因となる「蒸れ」を防ぐ方法1つ目は「そもそもマスクはしない」です。

マスクをするから蒸れるのであってマスクをしなければOKという単純明快な対処法ですね。

肌荒れを隠すためにマスクをしている人は逆効果の可能性が高いので、極力外しましょう。

最近ではコロナ禍でマスクを着用しないことは難しいですが、人がいないタイミングで軽く外し、換気するだけでも効果があります。

2:蒸れにくいマスクを使う

マスク肌荒れの原因となる「蒸れ」を防ぐ方法2つ目は「蒸れにくいマスクを使う」です。

コロナ禍における肌トラブル防止を考えるうえで、マスク選びはめちゃくちゃ大事です。

1枚10円くらいの格安マスクをつけたことがある人は分かると思いますが、すこし湿度が上がっただけで水滴がついてジメジメしませんか?

あの気持ち悪い湿気が角質層をふやかし、様々な肌トラブルを引き起こしています。

一方、メッシュ素材のマスクなどは通気性が良い反面、飛沫防止効果がやや心配です。

おすすめマスク:アイリスオーヤマ「ナノケアーマスク」

そこでおすすめなのが、アイリスオーヤマの「ナノケアーマスク」です。

このマスクの特徴を一言で言うならば『蒸れにくい不織布マスク』で、通気性と飛沫防止効果の両方を兼ね備えている優れ物になります。

お値段は30枚入り1,827円と格安ではないですが、1日61円で肌トラブルを未然に防げると考えると決して悪い買い物ではないと思います。

マスク着用による「角質の詰まり」を取り除く3つの方法

まず、マスク肌荒れの原因2つ目の「角質の詰まり」を防ぐ方法を3つご紹介します。

1:洗顔料を変える

マスク肌荒れの原因となる「角質の詰まり」を防ぐ方法1つ目は「洗顔料を変える」です。

あなたは洗顔にこだわっていますか?肌トラブルを防ぐうえで洗顔はとても大切です。

しかし、実際には洗浄力の強すぎる洗顔フォームの使用やゴシゴシ洗いなど間違った洗顔で肌を傷つけてしまっている男性が多いのも事実。

まずは角質ケアの詰まりに効く洗顔料を選ぶことで、肌トラブルを未然に防ぎましょう。

おすすめ洗顔料:FANCL「ディープクリア洗顔パウダー」

そこでおすすめなのが、FANCLの「ディープクリア洗顔パウダー」です。

美的読者が選ぶ2021年ベストコスメスキンケア部門洗顔料編で第1位に輝いた人気商品で、男性からの支持も高いです。私も使ってます。

お値段は初めての方限定で30回分1,900円。送料は無料です。1回分ごとの小分けになっているので使い過ぎの心配がないのも安心ですね。

私は毎晩の洗顔でFANCELを使い、毎朝の洗顔は価格が547円と安い「ロゼット」を使ってます。予算が少ない方はまずロゼットを朝夜使って角質の詰まりを除去するのもおすすめです。

2:ヒゲ剃りを変える

マスク肌荒れの原因となる「角質の詰まり」を防ぐ方法2つ目は「ヒゲ剃りを変える」です。

マスク肌荒れを防ぐには、毎朝のシェービングがおすすめです。シェービングをすると古い余分な角質が除去され、角質のふやけが起こりにくくなるだけでなく、ターンオーバーが促進され、皮膚のバリア機能が正常に働きます。

そもそも毎朝ヒゲを剃っていない人はシェービングを習慣にしましょう。ヒゲを伸ばしたままでいると見た目の清潔感がないだけでなく、角質が詰まって様々な肌トラブルを誘発します。

まずシェーバーの選び方ですが、肌が傷つきやすいT字カミソリの使用は論外ですが、電動シェーバーの中でも肌に優しいとされる「回転式」のシェーバーを選ぶのがおすすめです。

3:ヒゲ脱毛をする

マスク肌荒れの原因となる「角質の詰まり」を防ぐ方法3つ目は「ヒゲ脱毛をする」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です